FC2ブログ
千葉県柏市 心理カウンセリング・セラピー&ヒーリング 【トラウマ解放 自己実現 魂の解放】
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
3月15日16時39分、あぜ死す?!
今日、インド占星術の日本人スタッフtajuさんからお電話をもらいました。

インドでお世話になったシェドが、三日前くらいから右足に痛みが出ていて、
そして同じ頃からtajuさんも、右足に痛みが…。

シェドは右側の唇もおかしくなっていて、
右足も歩けないくらいの状態になっていたそうです。


インドでグルの他にもお世話になった、
ホロスコープリーダーのベンカティッシュさんが、
一昨日の夜にシェドのところにやってきて、
あぜさんについての情報をあらためて語ってくれたそうです。

ベンカティッシュによると、
「15日13:09(日本時間16:39)に、あぜさんの命が尽きていた」と…。

1月の終わりにメディカルホロスコープで
「あと68日以内の命」と言われていた、その日が「3月15日」だったのです。

ベンカティッシュは、そこまで予見していたそうで、
その時間を過ぎたので、シェドのところに伝えに来てくれたとのこと。


シェドやtajuさんの右足の症状は、
あぜさんの運命を変えた、その副作用(?!)による
エネルギーの影響だったのです。

シェドは、その日の夜と、翌朝と、
二度、パンディッド(僧)のところに行ってプージャ(儀式)を受けて、
それで大丈夫になったそうです。

わたしもあぜさんに一番近いところにいるので、
身体の調子は大丈夫かと心配して下さってたそうで。


そっかぁ、だから北海道行く前に、あんなに具合が悪くなったり、
戻ってから30時間も眠ってしまったり、してたのね!?

あぜさんの運命が大きく変わった分、
それだけ大きなエネルギー変容が起きていたんでしょうね。


15日の16:39といえば、
北海道での直感タロット講座中級、二日目の真っ最中。

もしも、インドに行っていなかったら、
北海道の講座の真っ最中に、
あぜさんは死んでいたかもしれなかったんですね?!


ああ、そうならなくてよかった…。



インドで言われた言葉。

「死ぬはずだった運命の人が、生き延びたとき、
 その人は神様に命をいただいたことになる。
 そういう人は、それだけ大きな使命を背負っている人なのよ」


今回の北海道でも、参加者の人たちに大きな変容をもたらしました。

これから、神様に助けてもらった命で、
きっともっともっとたくさんの人々をたすけていく、
その使命を果たしていくことでしょう!

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© あなたの人生をシフトする、愛と桃舎   http://aitomomosha.com/ . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。