FC2ブログ
千葉県柏市 心理カウンセリング・セラピー&ヒーリング 【トラウマ解放 自己実現 魂の解放】
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
トラウマ解放とバッチフラワーエッセンス(2)
前回の日記で
「セッションの中でよく出るエッセンスは数種類しかないんですよねえ」
と書いたら、

「どんなのがよく出ますか?」
とのご質問をいただいたので、
それについて、シェアしてみようと思います。



【疲労状態】

17 ホーンビーム…精神的に疲労している状態
23 オリーブ…心身共に疲弊しきった状態


【不安・恐怖】

2 アスペン…漠然とした不安や恐怖
20 ミムラス…具体的なことへの恐れ
26 ロックローズ…おびえ、強い恐怖、パニック


【絶望感】

30 スイートチェストナット…失意、深い絶望感、希望がもてない
37 ワイルドローズ…絶望しきっている、魂が枯れている、無気力


【怒り、感情抑圧】

6 チェリープラム…破壊的な感情、自殺願望
16 ハニーサックル…心が過去に取り残されている、怒りの抑圧
18 インパチェンス…苛立ち、短気、思い通りにならないストレス状態
27 ロックウォーター…感情否定、抑圧、固定観念、厳格
38 ウィロー…抑圧された激怒、恨み、憤り、被害者意識、復讐心


【その他】

28 スクレランス…優柔不断。決断できない、両極端にゆれうごく
35 ホワイトチェストナット…思考の堂々巡り、葛藤状態

29 スターオブベツレヘム…トラウマ状態、麻痺

19 ラーチ…自信がもてない、劣等感

39 レスキューレメディ…緊急事態、ストレス、プレッシャー




と、ざぁっと列挙してみました。
数えてみると17種類、半分以下ですねえ。

ときどき、ごくまれに上記以外のも出ることがありますが、
ほとんどはこれらの中から出ています。


ふだんのセッションの中では、心理状態の情報として、
筋反射(キネシ)で何番かをチェックして、資料を読み上げています。

スリーインワンテクニックの「独白文形式」の情報と、
前回の紹介本の
『マイナス感情をプラス感情に変える―バッチ・フラワー・レメディの実践法』
『バッチの花療法~その理論と実際』の3種類の資料をつかっています。

クライアントさんに内容を読み上げると、
その時の心理状態をかならずドンピシャと言い当てていて、
毎回みなさんに深く響いていますw

外したことないですねえ。ホント。
ビックリするくらい。


『バッチの花療法』の方は、
魂レベルの状態にまで言及していて、深いです。
すごく良い本。

『マイナス感情をプラス感情に変える』の本も、
それぞれのマイナス感情の核をつかみやすいです。



感情には地層のように層があって、
例えるならば、たまねぎのような感じ?

なので、たとえば奥の方に「ウィロー」の状態があるのを感じてはいても、
その上に別の感情の層がまだ覆っていると、
セッションのプロセスの中では、
まだそれを飲むタイミングがこなかったりします。

その場所に届く前に、その手前にある層の感情を解放してから…という
プロセスをたどるからです。

セッションでそのエッセンスが出てきたときには、
もうそれが表層にまであがってきている状態のとき。

ピンポイントで服用するので、
だからとても効果的に作用するのでしょうねえ。

そして、さらにそれに関する解放をセッションでしたのちに、
アフターフォローで自宅で飲んでいただく…という流れをとっています。

場合によっては、飲むことで感情のデトックスが起き、
溜まっていた感情の膿が出てくるので、
一時的にかえってきつくなることもあります。

それでも、だいたい一週間くらいたつとその状態が抜けてきて、
その後は、軽くなっていきます。



…とまあ、こんな感じで
日々セッションでは、バッチとつきあっています。

参考になれば嬉しいです♪

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© あなたの人生をシフトする、愛と桃舎   http://aitomomosha.com/ . all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。